2014年 5月

相続・資産税コラム 死亡保険金の非課税措置

被相続人の死亡により、被相続人が保険料負担者となっている死亡保険金を相続人が受けとった場合には、相続税の計算上は相続財産…

相続・資産税コラム 相続税の申告が必要か否かの判断基準

相続が発生した場合、相続税の申告が必要な場合と不要な場合があります。通常、申告が必要か否かは、相続財産の総額が基礎控…

相続・資産税コラム 無道路地の評価

無道路地とは、一般的には直接道路に接していない宅地のことをいいます。 相続税の財産評価の場合は、私道を介して公道…

相続・資産税コラム 3つの遺産分割の方法

被相続人が亡くなった場合、その方が残した資産、負債をどのように相続するかを相続人全員で協議しなければなりません。これを遺…

相続・資産税コラム 都市計画道路予定地の区域内にある宅地の評価

宅地の評価額の減額要素のうちのひとつとして、都市計画道路予定地内にある宅地というものがあります。 都市計画道路予…

相続・資産税コラム 駐車場用地の小規模宅地の特例

小規模宅地の特例は、更地には適用することはできません。これは、適用の要件が「被相続人等の事業の用に供されていたも…

相続・資産税コラム 専業主婦のへそくりは夫の財産

相続税の税務調査で一番指摘事項が多いのが、名義預金です。 夫婦間でお財布を一つにしていた場合には、夫名義の預金も…

相続・資産税コラム 建物附属設備等の評価方法

相続税法上、家屋に付随する設備などの評価は、家屋の価額に含めて評価するものと、家屋の価額とは分けて独立した財産として評価…

相続・資産税コラム 相続時精算課税とは

贈与の際、贈与者が65歳以上の親、受贈者が贈与者の推定相続人である20歳以上の子(子が亡くなっているときは孫を含む)であ…

相続・資産税コラム 満期保険金を据置にした場合の相続税のかかり方について

相続が発生し、相続税の申告が必要になった場合には、 支払われる生命保険金がどういった性質なものなのか把握する必要がありま…

相続・資産税コラム 相続税の税額控除について

続税にも他の税金と同じように税額控除があります。本日は相続税の6つの税額控除について説明したいと思います。1.贈…

最近のコメント

    PAGE TOP