相続・資産税コラム マンション用地の土地評価について

マンションの敷地の用に供されている宅地の評価については、まず、そのマンション全体の敷地の評価を行い、その評価額にマンションの区分所有者が有する敷地権の割合を乗じて評価します。

例として、路線価20万、40m×40mの土地(1600㎡)にマンションが建っていて、その一室(敷地権として共有持分10,000分の464)を所有しているとします。この場合、評価としては、

①路線価20万×奥行価格補正率0.92(40m)=184,000円
②184,000円×1,600㎡=294,400,000円(全体の敷地の評価額)
③294,400,000円(全体の敷地の評価額)×敷地権10,000分の464=13,660,160円

上記のようにマンション用地の土地を評価します。

また、マンション用地の土地を評価するにあたって、当該マンションの敷地内に公衆化している道路や公園等の公共的施設のように供されている宅地があるため、建物の専有面積に対する共有持分に応ずる敷地面積が広大になることから、このような評価方式を採用することが著しく不適当であると認められる場合には、当該道路や公園等の公共的施設の用に供されている宅地部分を除外して評価することができます。

上記の例に追加で、当該マンション敷地内に公園及び公衆用道路のように供されている宅地が合計200㎡あり、そのため、建物の専有面積に対する共有持ち分に応ずる敷地面積が広大となることが認められている場合、評価としては、

敷地全体の評価額294,400,000円×(1,600㎡-200㎡/1,600㎡)×敷地権10,000分の464 =11,952,640円

上記のような場合にはマンション用地の土地について、評価を下げることが可能となります。

関連記事

  1. 相続・資産税コラム 「延納」と「物納」について
  2. 相続・資産税コラム  相続開始年におしどり贈与が行われた場合の相…
  3. 相続・資産税コラム 二世帯住宅の場合の小規模宅地の特例
  4. 相続・資産税コラム 非上場株式の評価方法
  5. 相続・資産税コラム 年金形式により受け取る保険金の受給権
  6. 相続・資産税コラム   相続税を還付できる土地とは?
  7. 相続・資産税コラム 民法と相続税法の違い
  8. 相続・資産税コラム 遺産分割の方法
PAGE TOP