相続・資産税コラム 死亡保険金に課せられる税金(相続税・所得税・贈与税)

被相続人の死亡により死亡保険金を受け取った場合には、
保険料を誰が負担していたかにより課税関係が異なります。

① 被相続人が保険料を負担していた場合
相続税が課されます。
なお、「500万円×法定相続人の数」の非課税限度額があります。

② 保険金受取人が保険料を負担していた場合
一時所得または雑所得として、所得税が課されます。

③ 被相続人、保険金受取人以外の者が保険料を負担していた場合
基礎控除額の110万円を超える部分に贈与税が課されます。

非課税制度や税率などの違いにより、贈与税は相続税や所得税に比べ
高額の税額が課されてしまいます。生命保険に加入の際は、
上記の点も考慮に入れながら検討すると良いでしょう

関連記事

  1. 相続・資産税コラム 弔慰金等の取扱い
  2. 相続・資産税コラム 贈与(価値のあるものをもらった場合)には税金…
  3. 相続・資産税コラム 保険代理店の収益計上時期
  4. 相続・資産税コラム 給与所得者の特定支出控除の改正
  5. 相続・資産税コラム 上場株式についての最終価格の特例について
  6. 相続・資産税コラム 誰が法定相続人になれるか?
  7. 相続・資産税コラム 国外財産を取得した時の相続税
  8. 相続・資産税コラム 相続した土地の売却
PAGE TOP