相続・資産税コラム 死亡保険金に課せられる税金(相続税・所得税・贈与税)

被相続人の死亡により死亡保険金を受け取った場合には、
保険料を誰が負担していたかにより課税関係が異なります。

① 被相続人が保険料を負担していた場合
相続税が課されます。
なお、「500万円×法定相続人の数」の非課税限度額があります。

② 保険金受取人が保険料を負担していた場合
一時所得または雑所得として、所得税が課されます。

③ 被相続人、保険金受取人以外の者が保険料を負担していた場合
基礎控除額の110万円を超える部分に贈与税が課されます。

非課税制度や税率などの違いにより、贈与税は相続税や所得税に比べ
高額の税額が課されてしまいます。生命保険に加入の際は、
上記の点も考慮に入れながら検討すると良いでしょう

関連記事

  1. 相続・資産税コラム 広大地評価とは? ③
  2. 相続・資産税コラム 死亡保険金の取扱い
  3. 相続・資産税コラム ゴルフ会員権の評価
  4. 相続・資産税コラム 死後すぐに必要になるお金を相続財産とは別にと…
  5. 相続・資産税コラム 生命保険を上手に使いましょう
  6. 相続・資産税コラム 遺言信託とは 
  7. 相続・資産税コラム 国外財産調書の提出制度が創設されました…
  8. 相続・資産税コラム 建築中の家屋の評価について
PAGE TOP