相続・資産税コラム 開業費と創業費

開業前に、事業の開始準備のため使用した開業費や創業費は必要経費として区別されます。

例えば、仕事用の物品購入費や印鑑・名刺の作成費など「~費」
というのは資産扱いになります。
繰延資産ということになります。

繰延資産とは、支出した効果が支出時ではなく将来につなげるものとすれば、
そのような経費はその年度に一括で費用にすると売上より経費が
多くなって赤字になってしまうことがあります。

その効果が及ぶ期間を償却期間というのですが、
償却期間にわけて費用に計上します。
開業費・創業費の償却期間は5年間(60ヶ月)です。

償却方法には、5年つまり60ヶ月での均等償却という方法と任意償却があります。
どちらかを選ぶことができます。

任意償却にすると、償却期間や償却額を自由に設定したり全額経費にしたりすることができます。
償却方法については、年度末に利益が確定してから決算をする方法がよろしいかと思います。

関連記事

  1. 相続・資産税コラム 居住用財産の3,000万円控除
  2. 相続・資産税コラム 相続税の物納はできるか?
  3. 相続・資産税コラム 相続税の基礎控除と小規模宅地の特例と申告義務…
  4. 相続・資産税コラム 遺産未分割の場合の相続税の申告について
  5. 相続・資産税コラム 相続税専門の税理士とお医者さん
  6. 相続・資産税コラム 国外財産を取得した時の相続税
  7. 相続・資産税コラム 墓地隣接地の評価
  8. 相続・資産税コラム 小規模宅地等(特定居住用宅地等)についての評…
PAGE TOP