相続・資産税コラム 土地・家屋の使用貸借について

使用貸借とは、例えば、土地の賃貸借において、公租公課に相当する
金額以下の金銭の授受があるにすぎないものが該当します。

しかし、当該土地の借受けについて地代の授受がないものであっても、
権利金その他地代に代わるべき経済的利益の授受があるものには、
これに該当しません。

また、家屋の使用貸借があった場合には、その敷地の用に供されている
宅地等についても、使用貸借があったものとして評価します。
この場合、建物の貸主は自用家屋評価額で、借主の評価額は零となります。

関連記事

  1. 相続・資産税コラム 企業年金の未支給分は相続税の課税対象資産
  2. 相続・資産税コラム 相続後の手続き
  3. 相続・資産税コラム 老人ホームに入居しているときの小規模宅地等の…
  4. 相続・資産税コラム 民法と相続税法の違い
  5. 相続・資産税コラム 上場株式の配当金の取り扱い
  6. 相続・資産税コラム 贈与(価値のあるものをもらった場合)には税金…
  7. 相続・資産税コラム ゴルフ会員権の評価
  8. 相続・資産税コラム 従業員に金銭を貸付けしたとき
PAGE TOP