相続・資産税コラム 自社株式の株価対策①

非上場株式の株価引き下げ策はいくつか存在しますが、
一番オーソドックスなのが、会社規模を変更する方法です。

非上場株式の評価は、会社の規模によって、類似業種比準価額、
純資産価額又はこの2つ価額の併用方式により評価されます。

色々細かい規定はありますが、誤解を恐れず、すごく簡単に説明すると下記の通りとなります。

大会社:類似業種比準価額

中会社:類似業種比準価額と純資産価額の併用

小会社:純資産価額(又は類似業種比準価額と純資産価額の折衷)

一般的に純資産価額より類似業種比準価額で計算したほうが株価が低くなる傾向にあります。
例えば、現状小会社に該当する会社を、従業員を増やしたり、
借入をして総資産を増加させたりすることにより、中会社にすることが可能となります。

中会社になれば小会社に比べ類似業種比準価額の割合が高くなるため、
結果として株価を引き下げることができます。

関連記事

  1. 相続・資産税コラム 相続税の税務調査での調査官の狙い
  2. 相続・資産税コラム 仏具は相続税対策にならない!?実は損する注意…
  3. 相続・資産税コラム 空室を抱えたマンションの宅地の評価
  4. 相続・資産税コラム 死後すぐに必要になるお金を相続財産とは別にと…
  5. 相続・資産税コラム 1つの連続する路線の屈折部に接する不整形地
  6. 相続・資産税コラム 相続税の取得費加算
  7. 相続・資産税コラム 投資信託の評価
  8. 相続・資産税コラム 価値のあるものを贈与すると贈与税が…
PAGE TOP