相続・資産税コラム 保険金とともに支払を受ける剰余金等について

生命保険契約に係る保険事故が発生した場合において、
保険金受取人が保険金とともに剰余金や前払い保険料を受け取ることがあります。

この剰余金や前払い保険料については、保険金と同様の経済的実質と捉える考え方と
「預り金」的性格を有することから、
被相続人の本来の相続財産に含まれるのではないかという考え方がありましたが、
相続税基本通達3-8により、
相続又は遺贈により取得したものとみなされる保険金には、保険契約に基づき分配を受ける剰余金、
割戻しを受ける割戻金、払い戻しを受ける前払い保険料の額で、保険金とともに受取人が
取得するものを含むこととされました。

関連記事

  1. 相続・資産税コラム 現預金の評価はそのまま
  2. 相続・資産税コラム 老人ホームに入居しているときの小規模宅地等の…
  3. 相続・資産税コラム 指定受取人が被相続人(契約者・被保険者)より…
  4. 相続・資産税コラム 相続人と相続分
  5. 相続・資産税コラム 増改築した場合の家屋の評価
  6. 相続・資産税コラム 暦年贈与と相続時精算課税制度との有利判定
  7. 相続・資産税コラム 相続財産を税務署に隠していた・申告しなかった…
  8. 相続・資産税コラム 修正申告と異議申し立て
PAGE TOP