相続・資産税コラム 建築中の家屋の評価について

被相続人が家屋の建築にかかる工事契約を締結し、その建築工事中に死亡した場合における
その家屋の評価額については、その家屋について、
課税時期までにかかった建築費用の額(以下、費用現価という。)に70%を乗じて
計算した金額(工事未完成の場合に限る)により評価します。
pその際の費用現価は、課税時期における建築工事の進捗率を乗じて評価します。
また、既に支払われた工事請負代金と費用現価との差額は、未払金として債務に計上します。

関連記事

  1. 相続・資産税コラム 相続税の連帯納付義務
  2. 相続・資産税コラム 青空駐車場にはアスファルトを敷きまし…
  3. 相続・資産税コラム 生命保険を活用した生前対策について
  4. 相続・資産税コラム 遺産分割の方法
  5. 相続・資産税コラム 相続税がかからない財産
  6. 相続・資産税コラム 相続登記について
  7. 相続・資産税コラム 相続税申告を税理士に依頼せず、自分で行うこと…
  8. 相続・資産税コラム 小規模宅地の評価減の特例とは 
PAGE TOP