相続・資産税コラム 暦年贈与と相続時精算課税制度との有利判定

相続税の節税対策として、出来るだけ、財産を次の世代に 承継させておきたいと
感じる方々が多いかと思われます。

しかし、どのような対策の方法が最善な選択であるのか、単純には導き出せないのが、
現状かと思われます。贈与税の基礎控除は1年間に110万円ありますので、
1年間に1人に対する贈与につき、この範囲内の贈与ならば、贈与税がかかりません。(暦年贈与)

しかし、ここで問題は、贈与をしてから3年以内に相続が発生すると、
贈与財産が相続財産に加算されてしまいます。

また、贈与税の税率は高いため、高額な財産の贈与を行うことが難しくなってきます。

一方、相続時精算課税(※1)の方法によれば、2500万円までは贈与税がかからず、
一度に多額の贈与を行うことができるので、贈与税の節税対策にはなります。

しかし、相続時精算課税制度では、制度の対象となる親世代の相続時に
相続財産に当該贈与財産を加えて計算することになります。

関連記事

  1. 相続・資産税コラム 相続があった際の納税義務の承継
  2. 相続・資産税コラム 相続税に必要な書類一覧。最初に集めるべき資料…
  3. 相続・資産税コラム 相続人の一人が単独で、亡くなった方の預…
  4. 相続・資産税コラム 青空駐車場は税金面でのデメリットばかり
  5. 相続・資産税コラム エンディングノート
  6. 相続・資産税コラム 相続税を取り戻せるかチェックできます
  7. 相続・資産税コラム 専門家が教える!遺言作成の注意点
  8. 相続・資産税コラム 路線価評価のしくみ
PAGE TOP