相続・資産税コラム ゴルフ会員権の評価

被相続人が、生前に所有していたゴルフ会員権の価額は、
会員権の取引相場がある場合と取引相場が無い場合に区分して評価します。

原則的には、課税時期(相続開始時)における通常の取引価格に70%を
乗じて計算した価格にて評価します。

また、取引価格に含まれていない預託金等がある場合には、
これを加算した金額にて評価します。

なお、株式の所有を必要とせず、かつ、譲渡できない会員権で、
返還を受けることができる預託金等が無く、ゴルフ場設備を利用して、
単にプレーをするだけのものについては、評価しません。

関連記事

  1. 相続・資産税コラム 住所から地番を無料で簡単に探しだす方法
  2. 相続・資産税コラム 国外財産を取得した場合の課税
  3. 相続・資産税コラム 弔慰金等の取扱い
  4. 相続・資産税コラム 遺族給付金に関する相続税の取り扱い
  5. 相続・資産税コラム 相続税に必要な書類一覧。最初に集めるべき資料…
  6. 相続・資産税コラム 相続があった際の納税義務の承継
  7. 相続・資産税コラム 個人向け国債の相続税評価を自動で簡単に行う方…
  8. 相続・資産税コラム 相続があった場合の被相続人に係る確定申告書 …
PAGE TOP