相続・資産税コラム 相続税の課税根拠とは

租税は、様々な観点から分類がされるが、そのひとつに担税力の違いを基準として
分類される方法があり、収入や所得に課税されるもの、
財産(資産)に課税されるもの、消費に課税されるもの等がある。

中でも、財産課税は、所得や財貨・サービスの消費では捉えきれない税負担能力に
着目して課される税であり、財産の所有という事実に基づき、
税負担の公平性の観点から必要とされています。

ちなみに、相続税は「相続によって、財産を臨時的・一時的に無償で取得した
場合に課される財産税」に分類され、
その課税根拠が認められるといえます。

関連記事

  1. 相続・資産税コラム 相続時精算課税のメリット・デメリット
  2. 相続・資産税コラム 開業費と創業費
  3. 相続・資産税コラム 相続税の基礎控除と小規模宅地の特例と申告義務…
  4. 相続・資産税コラム 私募債の活用
  5. 相続・資産税コラム 間違いだらけの相続税の税理士選び、内科で外科…
  6. 相続・資産税コラム 無道路地の相続税評価の方法
  7. 相続・資産税コラム 葬式費用等の引出しと単純承認
  8. 相続・資産税コラム 家族名義の預金
PAGE TOP