相続・資産税コラム 相続人と相続分

相続税を計算する上において重要な要素に、法定相続人と法定相続分があります。

相続税法においては、相続の放棄があった場合にも、
その放棄がなかったものとした場合の民法上の相続人・相続分のことです。

(1)法定相続人

民法上、配偶者は常に相続人になります。
しかし、これは婚姻関係のある配偶者に限られ、内縁の妻・夫は相続人にはなれません。

配偶者の他に、次の順位で相続人になる人が決まります。

①第1順位:子(子が死亡・相続の欠格・廃除の場合には、代襲相続(※)があります)
②第2順位:親(両親が死亡・相続欠格・廃除の場合には、祖父母)
③第3順位:兄弟姉妹(兄弟姉妹が死亡・相続欠格・廃除の場合には、
甥・姪まで代襲相続(※)があります)

つまり、「配偶者+①~③のいずれか順位の高い人」が相続人です。

※代襲相続:被相続人の財産を相続する者が、すでに亡くなっている等で
相続できない場合に、本来なら相続権があった者からさらにその相続権を承継する制度。
子が死亡したとしても、孫が代襲相続出来るようであれば、
次の順位に相続の権利がいくことはありません。

(2)法定相続分

①配偶者+第1順位相続人の場合
配偶者1/2,第1順位相続人全員1/2(子が3人の場合は、1/6ずつになります)

②配偶者+第2順位相続人の場合
配偶者2/3,第2順位相続人全員1/3(父・母の場合は、1/6ずつになります)

③配偶者+第3順位相続人の場合
配偶者3/4,第3順位相続人全員1/4(兄弟姉妹が2人の場合は、1/8ずつになります)

④配偶者がいなく、第1順位~第3順位の相続人のみの場合
各自均等

相続はまず相続人を確定することから始まり、相続税申告においても、
これが最初の一番重要な作業になります。

contact

関連記事

  1. 相続・資産税コラム 国外財産を取得した場合の課税
  2. 相続・資産税コラム 死後すぐに必要になるお金を相続財産とは別にと…
  3. 相続・資産税コラム 倍率地域の雑種地の相続税評価
  4. 相続・資産税コラム 青空駐車場にはアスファルトを敷きまし…
  5. 相続・資産税コラム 配偶者への居住用財産の贈与
  6. 相続・資産税コラム 相続税を納期限内の納めないと・・・
  7. 相続・資産税コラム 信用金庫等への出資金の評価について
  8. 相続・資産税コラム 相続税の計算が1分でできる無料シミュレーショ…
PAGE TOP