相続・資産税コラム  遺族が受け取る年金

被相続人の死亡後、遺族に支払われた年金については、
その年金の種類によって取り扱いが異なります。

①公的年金(国民年金・厚生年金等)

被相続人に対する未支給年金の場合、相続税の課税対象にはなりません。
この未支給年金は、遺族の一時所得として、所得税の課税対象になります。
また、遺族に対して支払われる遺族年金については、
相続税も所得税もかかりません。

②私的年金(適格退職年金・個人年金保険等)

遺族に対して支払われる私的年金については、
その種類に応じて、相続税の課税対象 となります。

(ⅰ)死亡退職となったため、確定給付企業年金契約等により
遺族に年金が支払われることになった場合
年金受給権が退職手当金等として相続税の対象になります。
(退職手当金等は、「遺族が受け取る退職手当金等の合計額」のうち、
「500万円×法定相続人の数」までは課税されません)

(ⅱ)個人年金保険の保険料負担者の死亡により、
遺族が残りの年金を受け取る場合

年金受給権が相続税の対象となります。
この年金受給権の価額は、契約時期に応じて評価方法が異なってきます。

年金の受け取りはその種類・契約内容に応じて課税関係が異なってきます。
詳しくは、税理士までご相談下さい。

contact

関連記事

  1. 相続・資産税コラム 青空駐車場にはアスファルトを敷きまし…
  2. 相続・資産税コラム 税務署からのお尋ね~相続があった場合
  3. 相続・資産税コラム 遺産分割がまとまらない場合の未分割での相続税…
  4. 相続・資産税コラム 相続財産を税務署に隠していた・申告しなかった…
  5. 相続・資産税コラム 生前贈与(110万円暦年贈与)の方法 ~その…
  6. 相続・資産税コラム 死亡保険金の取扱い
  7. 相続・資産税コラム 死後すぐに必要になるお金を相続財産とは別にと…
  8. 相続・資産税コラム 自社株式の株価対策①
PAGE TOP