相続・資産税コラム 上場株式等の評価

相続税において、上場株式やETFは、下記のうち最も低い価格で
評価します。
国内のいくつかの取引所に上場している場合には、最も低い価格で評価します。

・相続発生日の終値※
・相続発生月の終値の月平均
・相続発生月の前月の終値の月平均
・相続発生月の前々月の終値の月平均。

※相続発生日が休日等で取引がなかった場合には、
相続発生日に最も近い日の終値で評価します。

【例】
・土曜日に亡くなった場合には、前日(金曜日)の終値
・日曜日に亡くなった場合には、翌日(月曜日)の終値
・土曜日から月曜日までの3連休の中日に亡くなった場合、
又は平日を挟まれた休日に亡くなった場合で、
最も近い日が同一のときには、休日直前の終値と休日直後の終値の平均値。

基準日に株主名簿に登録されている者に株式の割り当て・無償交付・
配当金の交付等がされた場合には、それぞれの権利を考慮した方法により
評価することになり、上記の評価とは異なりますので、税理士にご確認下さい。

contact

関連記事

  1. 相続・資産税コラム 現地調査の重要性
  2. 相続・資産税コラム 国際相続手続きにおけるプロベートとは?
  3. 相続・資産税コラム 弔慰金には相続税はかかりません
  4. 相続・資産税コラム 相続財産とみなされる財産(みなし相続財産)
  5. 相続・資産税コラム 税務署からのおたずねがある場合
  6. 相続・資産税コラム 遺言の氏名
  7. 相続・資産税コラム 相続税の課税根拠とは
  8. 相続・資産税コラム 忌み地の相続税評価
PAGE TOP