相続・資産税コラム 相続税の基礎控除と小規模宅地の特例と申告義務の関係

相続したからといって必ず相続税がかかる訳ではありません。
相続財産が一定額を超える事によって
初めて納税義務が発生します。この一定額のことを
基礎控除といいます。

(計算式)
1000万×法定相続人の数 + 5000万。
これが基礎控除額の計算の仕方です。

例)夫が亡くなり、相続人が妻と子供3人だった場合

1000万×4(人)+5000万 =9000万。

つまりこの例では9000万円までは税金がかかりません。

そこでよくある質問です。

【質問】小規模宅地の特例を適用した結果、基礎控除以下の財産となるのですが、
この場合でも 申告は必要でしょうか?

【回答】必要です。

小規模宅地の特例の適用は、申告が要件となっておりますので、
小規模宅地の特例を適用した結果、税金がゼロ円という申告書を作成して、
提出することになります。

contact

関連記事

  1. 相続・資産税コラム 住所から地番を無料で簡単に探しだす方法
  2. 相続・資産税コラム 無道路地の評価
  3. 相続・資産税コラム 相続税の税額控除について
  4. 相続・資産税コラム 相続税を支払わなければならない方は、…
  5. 相続・資産税コラム 固定資産税評価と相続税評価~「公衆用道路」が…
  6. 相続・資産税コラム 相続税の農地の納税猶予制度
  7. 相続・資産税コラム 路線価地域の土地の評価
  8. 相続・資産税コラム 相続税は延納できるか
PAGE TOP