相続・資産税コラム 養子の人数と相続税の関係

産に係る基礎控除額は、5,000万円+1,000万円×法定相続人の数の算式で計算します。

つまり法定相続人の数が多くなると、基礎控除額が一人について1千万円程
大きくなるので、養子をとって法定相続人を増やすことは節税になります。

しかしこの算式の法定相続人の数に算入できる養子の数には制限があります。
実子がない場合は2人まで、実子がある場合は1人です。
それ以上の養子がいても、法定相続人の数に算入しないことになっています。

ご注意頂きたいのは、この措置はあくまでも税法上の考え方であって、養子縁組の
効力や養子としての地位を否定するものではありません。

contact

関連記事

  1. 相続・資産税コラム 非上場株式の評価方法
  2. 相続・資産税コラム 相続税の農地の納税猶予制度
  3. 相続・資産税コラム 農業用施設用地の評価
  4. 相続・資産税コラム 相続した海外財産を邦貨に換算する
  5. 相続・資産税コラム 広大地評価とは? ②
  6. 相続・資産税コラム 墓地隣接地の評価
  7. 相続・資産税コラム 親族間でお金の貸し借り
  8. 相続・資産税コラム 固定資産の交換の特例について
PAGE TOP