相続・資産税コラム 遺言書に書いても法的拘束力を持たない事項

遺言書に書いても法的拘束力を持たない事項は以下のとおりです。

1.相続人の結婚や離婚について
 たとえば、遺言書に「相続人の長男は、A子と結婚すること」と記載すると、結婚に関する事項となりますので、この事項に関しては法的に無効です。

2.養子縁組
遺言書に「A男を養子とする」と書いたとしても、養子縁組に関する事項は遺言書でできることには含まれませんので、これも無効です。

3.遺体解剖や臓器移植
 遺体は家族の所有物とみなされるので、遺言で望んでも家族の同意がなければ実行されません。

contact

関連記事

  1. 相続・資産税コラム 役員貸付金を放棄させて相続税を減らす
  2. 相続・資産税コラム 増改築した場合の家屋の評価
  3. 相続・資産税コラム 相続税の連帯納付義務
  4. 相続・資産税コラム 相続税申告において書面添付制度を適用するメリ…
  5. 相続・資産税コラム 相続により承継した連帯保証債務
  6. 相続・資産税コラム 相続が発生したら、準確定申告
  7. 相続・資産税コラム お金がもらえるケースも!?相続後すぐにやる死…
  8. 相続・資産税コラム 相続人と相続分
PAGE TOP