相続・資産税コラム 死亡保険金の取扱い

夫が無くなり、夫を対象とした死亡保険金を妻が取得したケースを想定します。

①保険の掛け金の支払い者が亡くなった夫の場合 
相続税がかかってきます。

②保険の掛け金の支払い者が妻の場合
妻に所得税がかかってきます。(一時所得または雑所得)

※夫が無くなり、夫を対象とした死亡保険金を息子が取得し、妻が保険の掛け金の支払い者のケースでは、息子への贈与となり、贈与税が発生します。

必ずしも、死亡保険金を受け取っても、相続税とは限らないので注意してください。

contact

関連記事

  1. 相続・資産税コラム 市街地山林の評価
  2. 相続・資産税コラム 二世帯住宅の場合の小規模宅地の特例
  3. 相続・資産税コラム 親族間でお金の貸し借り
  4. 相続・資産税コラム 市街地なのに路線価がない場合
  5. 相続・資産税コラム 相続税の申告が必要か否かの判断基準
  6. 相続・資産税コラム 車両運搬具の評価
  7. 相続・資産税コラム 増改築した場合の家屋の評価
  8. 相続・資産税コラム 遺産分割がまとまらないとき
PAGE TOP