相続・資産税コラム 市街地なのに路線価がない場合

路線価がある地域内で、路線価が付されていない道路がたまにあります。

この相続税路線価の設定されていない道路のみに接している宅地が相続財産の時は、その路線価のない道路に、税務署に頼んで路線価を設定してもらうことができます。これを特定路線価といいます。

この特定路線価の設定の申出は、税務署に備え付けの「特定路線価設定申出書」に必要事項を記載して、納税地を所轄する税務署長に提出して行います。

路線価が新たに設定されるまでには、1ヶ月程度要しますので、申告が必要な方で特定路線価の設定が必要な方は早めに税務署へ申し出を行うことが必要です。

contact

関連記事

  1. 相続・資産税コラム 相続発生後の手続きと期限について
  2. 相続・資産税コラム 小規模宅地の特例(相続税)と居住用財産の譲渡…
  3. 相続・資産税コラム 国外財産調書制度とは?
  4. 相続・資産税コラム 相続税の税務調査で気をつけなければならないこ…
  5. 相続・資産税コラム へそくりは相続税の対象になるか?
  6. 相続・資産税コラム 相続税の納税方法
  7. 相続・資産税コラム 相続人に未成年者がいる場合(未成年者の税額控…
  8. 相続・資産税コラム 相続のために現金を不動産に変える
PAGE TOP