納税より寄付 正しいお金の使い方(日本電産 永守重信会長)

100dollar-a

現在の日本では、税金の使い道を国民がコントロールできているとは言い難いです。
あまりに税金の無駄遣いが多過ぎると思います。
そこに、一石を投じる日本電産 永守重信会長の行動に大いに納得させられました。
税金の納付か寄付かを自由に選べるようになれば、税金の無駄使いが無くなるのでは?

「全部使ってあの世に」日本電産会長、億単位の寄付次々

 大学の街・京都で、モーター大手・日本電産(京都市南区)の創業者、永守重信会長(72)による寄付金の行方に注目が集まっている。数十億円単位の私財を大学に次々と投じ、資金難にあえぐ大学を支援している。

 「税金はどう使われるか分からんが、寄付なら使い道がはっきりする。全部使ってあの世に行くということや。教育が一番良い」

3月30日、京都学園大(右京区)で開いた記者会見後、永守氏が報道陣に語った。2020年に工学部新設を目指す同大学を支援するため、100億円以上を私財でまかなう構想を発表したのだ。

学部定員200人。半数ほどは留学生を想定する。大学院は100人。実践的な研究・開発力や英語力を備えた人材を育てる。経営大学院設置も視野に入れる。来春には自身が大学の理事長に就任し、大学名も変えるという。永守氏は「大学を作るのが夢だった。他国と比べて日本の大学は即戦力を出せていない。企業や社会が求める人材を育てる。金も口も出すよ」。

今月7日には日本電産が京都大(左京区)に次世代モーターを研究する寄付講座の開講を発表。永守氏は京大の山極寿一総長と握手を交わし、今後5年間で2億1千万円を寄付すると約束した。講座を担う中村武恒・特定教授は「ひも付きではなく、我々のやりたいことをやれと言ってもらえたので、基礎的な原理からじっくりと研究する。環境に優しい次代のモーターを開発したい」と歓迎した。

京都学園大では設計や生産の現場で不足する技術者を養成し、京大の講座は長期的に同社に還元できる基礎研究に照準を合わせる。

すでに永守氏は14年、70億円の私財で府立医科大にがん治療のための陽子線施設を寄付すると表明。関係者によると、「役所に任せると値段が高くなるから」と装置や建屋を自身で調達しているという。

関連記事

  1. job_zeimusyo_chousa - コピー 税務調査で重加算税(35%)の課税を阻止しました!
  2. 今年の目標
  3. プレミアムフライデーよりやるべきこと
  4. 不動産投資市場の予測
  5. 賃上げ実施の中小企業、法人税の減税額拡大へ(複雑すぎる税制)
  6. 香港で考えたこと
  7. 消費税を増税し、所得税及び法人税を減税すべき
PAGE TOP