不動産投資市場の予測

金融庁が、アパートへのローンを本格的に規制し始めました。
遅きに失した感があります。

相続税対策という名目で、手残りがほとんどない金太郎飴みたいな安直なアパート、マンションが建ちすぎた結果、新築でガラガラという物件が、宮崎でも数多く見られます。
私は、これを大チャンスの予兆ととらえています。

①金融庁がアパートローンを規制→金融機関が物件選別→アパートのローンの金利が上昇→変動金利を選択しているオーナーがバンザイ→投げ売り→粗利15%の物件が発生
②何の工夫もないアパート立てすぎ→入居率低下→元利払えず→キャピタルロスで物件投げ売り→粗利15%の物件が発生

私の予想では、あと2年で一気に利回りは上がってくると考えてます。
すでに今までならローンが出ていた、築25年RCに銀行のローンがつかない事態が発生してます。銀行がダメなので、信金やJAという事例も散見されます。

待つも相場と考えて、現在は静観していますが、15%になったときに一気に動こうと思ってます。そこまでは太陽光投資を進めていきます。

関連記事

  1. 納税より寄付 正しいお金の使い方(日本電産 永守重信会長)
  2. 消費税を増税し、所得税及び法人税を減税すべき
  3. 今年の目標
  4. 香港で考えたこと
  5. 賃上げ実施の中小企業、法人税の減税額拡大へ(複雑すぎる税制)
  6. プレミアムフライデーよりやるべきこと
  7. job_zeimusyo_chousa - コピー 税務調査で重加算税(35%)の課税を阻止しました!
PAGE TOP