2014年 7月

相続・資産税コラム 墓地隣接地の評価

国税局が公開している「タックスアンサー№4617」によれば、 「次のようにその利用価値が付近にある他の宅地の利用…

相続・資産税コラム 相続税の上場株式の評価方法

相続財産に上場株式がある場合の相続税評価の方法について解説します。 相続財産の評価は原則、相続開始日時点の時価で…

相続・資産税コラム 倍率地域の雑種地の相続税評価

1.倍率地域にある雑種地の評価方法倍率地域にある雑種地の評価方法には次の評価方法があります。①倍率表に雑…

相続・資産税コラム 年金形式により受け取る保険金の受給権

(1)変更前の取り扱い年金形式により保険を受給することが定められている保険契約で、相続開始時において、年金の種類及び…

相続・資産税コラム 生産緑地の相続税評価方法のまとめ

市街化区域内にある一定の要件を満たした農地などで、その指定を受けたものを生産緑地といいます。 通常、市街化区域に…

相続・資産税コラム 国際相続手続きにおけるプロベートとは?

被相続人が保有していた財産がすべて日本国内のものであった場合、プラスの財産・マイナスの財産ともに相続開始時点で共同相続人…

相続・資産税コラム 相続税専門の税理士とお医者さん

相続税の年間申告件数は、約5万2千件(平成24年分)でした。これは相続税額の生じる申告件数ですので、相続税額は生じないけ…

相続・資産税コラム 特定受遺者は債務控除が受けられない

これは被相続人が遺言により、相続人以外の者に財産を贈与する「遺贈」があった場合の注意点となりますが、そもそも「特定遺贈」…

相続・資産税コラム 家族名義の預金の相続財産への計上の要否の判断

■ 預金の実質帰属者の判定被相続人の相続財産とされる預金は、単に預金の名義により区分されるものではありません。例えば…

相続・資産税コラム 相続対策の3本柱

相続対策の王道は、『生前贈与』、『不動産』、『生命保険』の3つです。この3つをうまく組み合わせて、相続税の節税対策を行う…

相続・資産税コラム 不合理分割と遺言書

宅地の価額は「1画地の宅地」を評価単位とします。この1画地の判定は、相続等による取得者ごとに行うのが原則です。したがって…

相続・資産税コラム 無道路地の相続税評価の方法

相続税申告上の「無道路地」とは、私道等を介して公路に通ずることのできない土地のことです。また、道路に接していたと…

相続・資産税コラム 相続税の税務調査で気をつけなければならないこと

一般的に秋は税務調査が多い時期です。前年中に申告した相続税についても、この時期に税務調査が行われることが多いですが、税務…

相続・資産税コラム 専業主婦である妻名義の預金(名義預金)の計算方法

預金の管理の方法は家庭によって様々です。弊社に相談にいらっしゃるお客様の中にも、夫婦で明確に財産を分けている家庭もあれば…

相続・資産税コラム 相続税の農地の納税猶予制度

1.改正のあらまし農地等に係る相続税の納税猶予とは、相続により農地を引き継いだ相続人が農業続けている等、一定の要件の…

相続・資産税コラム 遺産分割がまとまらない場合の未分割での相続税申告

相続税法の中には相続税額を軽減するなどの優遇規定がありますが、その中のいくつかの規定を適用することが出来なくなります。…

相続・資産税コラム 路線価評価を使わずに相続税申告を行うことの是非

路線価は平成4年以降、地価公示価格の80%水準をもって設定されています。こちらは一暦年(その年の1月1日から12月31日…

相続・資産税コラム 土地の相続税評価額と固定資産税評価額

土地の相続税評価額は、財産評価基本通達に基づき路線価方式又は倍率方式により納税者が評価額を算出します。 一方、土…

相続・資産税コラム 附属建物の敷地の評価

「附属建物」とは、小屋や倉庫、物置や車庫等の主たる建物の効用を補助するための建物を言います。そのため、「附属建物」として…

相続・資産税コラム 法人を用いた生前対策

相続税の生前対策として有用な方法の一つに、給与の支払いによる、被相続人から相続人への相続財産の移転という方法があります。…

さらに記事を表示する

最近のコメント

    PAGE TOP