2014年 6月

相続・資産税コラム 農業用施設用地の評価

農業用施設用地とは、農用地区域又は市街化調整区域内に存する農業用施設の用に供されている宅地をいいます。 例えば、…

相続・資産税コラム 死後すぐに必要になるお金を相続財産とは別にとっておけるの?

故人の葬式費用・未払いの医療費等、死後すぐに必要となるお金。 死亡保険金がすぐに支払われるとは限りません。…

相続・資産税コラム 相続により上場株式を取得しその株式を譲渡した場合

上場株式を相続により取得しその株式を譲渡した場合において、譲渡所得の計算上この株式に係る取得費の金額は被相続人の取得費を…

相続・資産税コラム 空き室がある場合の小規模宅地等の特例について

小規模宅地等の特例とは、相続税の計算上、相続人の生活基盤となる宅地の評価について、一定の要件のもと減額が認められている制…

相続・資産税コラム 上場株式の配当金の取り扱い

相続財産に上場株式がある場合、その配当金の扱いには注意が必要です。配当金が確定するのは配当基準日ですが、その基準日と…

相続・資産税コラム 一つの土地に4つの価格

1.土地の価格 土地には、一物四価や一物五価といわれています。同じ土地であっても、それぞれの用途によって、価格が…

相続・資産税コラム 葬式費用等の引出しと単純承認

相続が発生した場合には葬儀費用などいろいろと物入りです。また、相続が発生したことを金融機関が認識をすると口座がストップさ…

相続・資産税コラム 弔慰金等の取扱い

1.原則的な取扱い被相続人の死亡により相続人などが被相続人の雇用者から受け取る弔慰金、花輪代、葬祭料等(以下「弔…

相続・資産税コラム 生命保険を活用した生前対策について

将来相続税がかかることが確実と認められる場合、相続税の節税として生前対策を行う方が最近増えてきました。 生前贈与…

相続・資産税コラム 現地調査の重要性

弊社では、土地評価の際にはほぼすべての土地について現地調査をします。Googleのストリートビューなど、その土地…

相続・資産税コラム 市民緑地契約が締結されている土地

市民緑地制度は、主として土地等の所有者からの申出に基づき、地方公共団体又は緑地管理機構が当該土地等の所有者と契約(市民緑…

相続・資産税コラム 増改築した場合の家屋の評価

家屋の相続税評価額は固定資産税評価額となっています。しかし、相続開始の直前に増築を行った場合や、大規模なリフォームを行っ…

相続・資産税コラム 生命保険の課税

生命保険においては、その契約内容によって、課税関係が異なります。具体的には、保険料の負担者、被保険者、保険金受取人が誰で…

相続・資産税コラム 寄附金の控除について

個人が相続や遺贈によって取得した財産を国や、地方公共団体又は特定の公益を目的とする事業を行う特定の法人などに寄附した場合…

相続・資産税コラム 非課税財産

1.非課税財産とは相続税法では、相続又は遺贈により取得した財産(みなし相続財産を含む)であっても社会政策的見地あ…

相続・資産税コラム 身寄りのない高齢者が増えていることを背景に

ご自身に相続人がいらっしゃらない場合には・・・相続が発生した場合において、相続人がいるかどうか明らかでないときは…

相続・資産税コラム 遺言の作成ポイント

相続人の争いを防ぐために遺言を用意したものの、法的に無効となってしまったり、記載内容が不十分だったために、結果として争い…

相続・資産税コラム 相続税の連帯納付義務

相続税には、連帯納付義務というものがあります。 相続税の納税義務者が納税をしない場合には、他の相続人が未納の相続税の…

相続・資産税コラム 生前対策のための生前贈与とは?(110万円まで無税?)

1.生前贈与とは?  財産を所有している人が生きている間に、家族や他人に資産を贈与することを「生前贈与」といいま…

相続・資産税コラム 「おしどり贈与」とは

婚姻期間が20年以上である配偶者から、① 居住用不動産の贈与を受けた場合② 金銭の贈与を受け、その金銭で居住用不…

さらに記事を表示する

最近のコメント

    PAGE TOP