2014年 5月

相続・資産税コラム ディスカウント債の評価

外国債券のなかには、額面金額よりも著しく低い価格で割引発行されるものがあります。その分だけ、表面利率は通常の債券…

相続・資産税コラム かわいい孫へ何かあげたい、そうだ教育資金にしよう!

1.非常に人気です平成25年度より教育資金の一括贈与の非課税制度が始まります。2. 制度の概要です。…

相続・資産税コラム エンディングノート

エンディングノートとは エンディングノートとは、自分の人生を振り返ったり、万一の時に備えて自分の意思・希望を伝え…

相続・資産税コラム 育英年金の評価と税金のかかり方

会社に勤めていた方が亡くなられると、その会社の福祉共済制度等から、その方のご子息が高校を卒業するまでの間の学費等が支払わ…

相続・資産税コラム “生計を一にしていた”とは

相続開始の直前において、被相続人と生計を一にしていた親族の事業又は居住の用に供されていた宅地等は、小規模宅地等の特例の対…

相続・資産税コラム マンション用地の土地評価について

マンションの敷地の用に供されている宅地の評価については、まず、そのマンション全体の敷地の評価を行い、その評価額にマンショ…

相続・資産税コラム 駐車場でも貸家建付地評価が認められる場合

土地の所有者が、自らその土地を貸駐車場として利用している場合は、原則としてその土地の自用地としての価額により評価します。…

相続・資産税コラム 株式保有特定会社の評価

保有する資産のほとんどが株式という資産構成の評価対象会社があります。このような評価対象会社を「株式保有特定会社」とい…

相続・資産税コラム 私募債の活用

相続税対策また事業承継の一つの方法として法人化が挙げられます。すなわち、子どもや孫を役員とすることにより親に財産…

相続・資産税コラム 小規模宅地の特例(相続税)と居住用財産の譲渡の特例(所得税)について

個人が相続又は遺贈により取得した、その相続の開始の直前においては被相続人等の居住の用に供されていた宅地等のうち、一定の要…

相続・資産税コラム 未成年者控除の適用について検討が必要となるようなケース

相続人の中に未成年者がいる場合には、相続税の税額から一定の税額が控除されます。(相続税法19条の3) (未成年者…

相続・資産税コラム 預貯金の既経過利子から源泉徴収されるべき所得税の額について

平成25年1月1日より、「東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法」により復…

相続・資産税コラム 相続開始1,2年前に行われたリフォーム費用について

建物の相続税評価と固定資産税評価 建物の相続税評価は、固定資産税評価額をもとに算出します。自宅の場合には、固定資…

相続・資産税コラム 葬儀費用控除できないものについて

被相続人に係る葬儀費用は、被相続人が生前に持っていた債務ではありません。しかし、葬儀費用は相続開始に伴う必然的な出費…

相続・資産税コラム 上場株式の評価

相続財産のうち上場株式は、その株式が上場されている金融商品取引所が公表する下記①から④の価額のうち、最も低い価額で評価し…

相続・資産税コラム 不動産投資信託証券(REIT)の評価

・不動産投資信託証券(REIT)とは不動産投資信託とは、不動産投資法人が投資家から資金を集めてオフィスビルや商業…

相続・資産税コラム 二世帯住宅の場合の小規模宅地の特例

二世帯住宅には、小規模宅地の特例(特定居住用)は適用されるのでしょうか。この問題を考えるにあたっては、二世帯住宅…

相続・資産税コラム 相続税の申告期限までに遺産分割協議がまとまらない場合

相続税の申告は、相続の開始(被相続人が亡くなった日)から10ヶ月となっています。 通常、相続税の申告期限までに遺…

相続・資産税コラム 特別障害者に対する贈与税の非課税

1.特別障害者に対する贈与税の非課税 特別障害者の生活の安定を図るため、その親族等(個人に限る)が信託銀行等に財…

相続・資産税コラム 高層マンションの相続税評価についての留意点

近年多く見かける高層マンションでは、その向きや階によって販売価額が大きく違うことがあります。これは、高層階の眺望など…

さらに記事を表示する

最近のコメント

    PAGE TOP