2014年 3月

相続・資産税コラム 保険代理店の収益計上時期

保険代理店の収益の計上基準は、法人税基本通達2‐1‐5(請負による収益の帰属の時期)にその取扱いが定められています。…

相続・資産税コラム 還付金のうち被相続人の準確定申告に係るものについて

相続が発生した場合、相続人は準確定申告書を提出します。このとき、予定納税等で被相続人が生前に納付した所得税等がある場…

相続・資産税コラム 従業員に金銭を貸付けしたとき

従業員に対して、会社が金銭を貸付けた場合には、災害・病気等により臨時的に多額の生活資金が必要になった場合を除き、…

相続・資産税コラム 配偶者控除による節税

相続税を払うことになっても、配偶者は相続税を払わなくてよいことが多いです。その理由は、配偶者には、配偶者税額控除とい…

相続・資産税コラム 自社株式の株価対策

非上場株式の株価引き下げ策の第三弾です。今回も前回に引き続き類似業種比準価額を下げる方法を検討します。 前回…

相続・資産税コラム 1棟の家屋の敷地の一部が特定居住用宅地等に該当する場合について

今回は、小規模宅地等の特例について触れてみたいと思います。 一棟の家屋の敷地の一部が特定居住用宅地等に該当する場…

相続・資産税コラム ディスカウント債の評価方法について

額面金額よりも低い価額で割引発行される(その分だけ表面利率は通常の債券よりも低く設定されている。)ものの、満期時には…

相続・資産税コラム 小規模企業共済の所得控除

小規模企業共済の掛金は、全額を所得から控除することができるため節税効果を得ることができます。また、掛金は前納…

相続・資産税コラム 遺産未分割の場合の相続税の申告について

相続税の申告書の提出期限までに相続財産の分割が行われなかった場合には、どうなるのでしょうか?相続税の計算は、相続…

相続・資産税コラム 自社株式の株価対策② 

非上場株式の株価引き下げ策の第二弾です。今回は、類似業種比準価額を下げる方法を検討したいと思います。 類似業…

相続・資産税コラム 開業費と創業費

開業前に、事業の開始準備のため使用した開業費や創業費は必要経費として区別されます。 例えば、仕事用の物品購入費や…

相続・資産税コラム 土地・家屋の使用貸借について

使用貸借とは、例えば、土地の賃貸借において、公租公課に相当する金額以下の金銭の授受があるにすぎないものが該当します。…

相続・資産税コラム 自社株式の株価対策①

非上場株式の株価引き下げ策はいくつか存在しますが、一番オーソドックスなのが、会社規模を変更する方法です。 非…

相続・資産税コラム 相続税の納税義務者

相続税は、原則として相続・遺贈により財産を取得した個人が、相続税の納税義務者となります。では、相続人が海外に居住…

相続・資産税コラム 信用金庫等への出資金の評価について

被相続人が信用金庫等への出資を行っていた場合について、その出資金の相続財産としての評価は、原則として、「払込済の出資…

相続・資産税コラム 路線価評価のしくみ

相続税や贈与税の計算を使用するもので道路に1平方メートル当たりの価額をつけたものが路線価です。この価格に土地…

相続・資産税コラム 名義預金は相続財産?

まず、名義預金とはなんぞやというところから説明したいと思います。名義預金とは、被相続人の親族や第三者の名義となってい…

相続・資産税コラム 取引相場のない株式の評価方法(土地保有特定会社の場合)

取引相場のない株式の価額は、評価しようとするその株式の発行会社が、「大会社」「中会社」「小会社」のいずれに該当するか…

相続・資産税コラム 保険金とともに支払を受ける剰余金等について

生命保険契約に係る保険事故が発生した場合において、保険金受取人が保険金とともに剰余金や前払い保険料を受け取ることがあ…

相続・資産税コラム 相続税は専門の会計事務所や会計士へご相談下さい

相続税という税金は、数ある税金の種類の中でも非常に専門的な税金となっています。 医者でいうと、外科医と内科医はま…

さらに記事を表示する

最近のコメント

    PAGE TOP