相続・資産税コラム 土地の評価~容積率を確認しよう

相続税の路線価が適用される土地を評価する場合に、
その土地の容積率によっては、土地の評価を下げられることがあります。

容積率の異なる2以上の地域にわたる土地の価額は、
次の割合を乗じて計算した金額を控除した価額により評価します。

(1-※1/※2)×容積率が価額に及ぼす影響度(※3)
※1:容積率の異なる部分の各部分に適用される容積率に
その各部分の地積を乗じて計算 した数値の合計
※2:正面路線に接する部分の容積率×宅地の総地積
※3:容積率が価額に及ぼす影響度(次の地区区分に応じて、それぞれの割合)
高度商業地区・繁華街地区:0.8
普通商業・併用住宅地区:0.5
普通住宅地区:0.1

特に、幹線道路沿いに面する土地については、幹線道路沿いは容積率が高く、
幹線道路から一定の距離以降は容積率が異なっていることがありますので、容積率を調べておいた方がよいでしょう。

ただし、この特例の適用については、一定の場合には使用
できないことがありますので、詳しくは、税理士までご相談下さい。

contact

関連記事

  1. 相続・資産税コラム 老朽化した家屋の評価について
  2. 相続・資産税コラム 贈与(価値のあるものをもらった場合)には税金…
  3. 相続・資産税コラム 相続財産等の評価上の邦貨換算について
  4. 相続・資産税コラム 保険代理店の収益計上時期
  5. 相続・資産税コラム 暦年贈与と相続時精算課税制度との有利判定
  6. 相続・資産税コラム 固定資産の交換の特例
  7. 相続・資産税コラム 相続時精算課税の適用を受けようとする者が届出…
  8. 相続・資産税コラム 成年後見制度とは?
PAGE TOP