2014年 1月

相続・資産税コラム 贈与(価値のあるものをもらった場合)には税金がかかります

個人から価値のあるもの(現金、預貯金、 有価証券、土地、家屋、貸付金等、経済的価値のあるものすべて)の贈与を受けた場…

相続・資産税コラム 相続財産を税務署に隠していた・申告しなかった場合

相続税の申告義務のある人が、申告漏れ又は仮装・隠蔽をしたことが税務署に発覚した場合には、本来納める相続税額に加えて…

相続・資産税コラム 相続税の納税方法

相続税の納付期限は、相続税の申告期限と同じ日で、相続の開始があったことを知った日の翌日から10カ月以内です。 相…

相続・資産税コラム 現預金の評価はそのまま

相続税は相続財産総額に課せられますが、一定の財産については、時価よりも低く評価することができたり、一定の金額まで…

相続・資産税コラム 相続人が相続税申告期限前に亡くなった場合~数次相続~

相続税の申告期限前に、不幸にも相続人が亡くなってしまう場合があります。この場合には、その亡くなった相続人の各…

相続・資産税コラム  遺族が受け取る年金

被相続人の死亡後、遺族に支払われた年金については、その年金の種類によって取り扱いが異なります。①公的年金(国…

相続・資産税コラム 土地の評価~容積率を確認しよう

相続税の路線価が適用される土地を評価する場合に、その土地の容積率によっては、土地の評価を下げられることがあります。…

相続・資産税コラム 相続を放棄した相続人がいる場合の相続税額の計算

法定相続人が相続を放棄すると、民法上、その者は初めから相続人とならなかったものとしてみなされます。それでは、…

相続・資産税コラム 上場株式等の評価

相続税において、上場株式やETFは、下記のうち最も低い価格で評価します。国内のいくつかの取引所に上場している場合…

相続・資産税コラム 配偶者への居住用財産の贈与

婚姻期間が20年以上である夫婦は、居住用財産の一部を生前贈与して、相続税の生前対策が行えます。 婚姻期間が2…

相続・資産税コラム 税務署からのお尋ね~相続があった場合

相続が発生すると、その数ヵ月後に被相続人の親族に「相続についてのお尋ね」という書類が届くことがあります。お尋…

相続・資産税コラム 税務署からのお尋ね~不動産購入・新築

不動産の売買があった場合、相続があった場合、副業などの収入があった場合、確定申告に不備があった場合等で、税務署から…

相続・資産税コラム 路線価地域の土地の評価

路線価とは、道路に面している標準的な宅地の1㎡当たりの価額(千円単位)で、相続税の土地の評価をする際に使います。…

相続・資産税コラム 生命保険を活用した納税資金の準備

相続税は相続の開始があった日から10月以内に納付しなければならず、その納付は現金一括納付が基本です。 しかし…

相続・資産税コラム 青空駐車場は税金面でのデメリットばかり

青空駐車場として利用されている土地は、通常の宅地と同じように評価しますので、賃貸アパートのような評価減の規定はありま…

相続・資産税コラム 遺言の氏名

公正証書遺言において遺言者欄に記載された文字が判読し難いものであったとしても、 民法969条4号の定める遺言者の署名…

相続・資産税コラム 相続税の基礎控除と小規模宅地の特例と申告義務の関係

相続したからといって必ず相続税がかかる訳ではありません。相続財産が一定額を超える事によって初めて納税義務が発生し…

相続・資産税コラム 売却と物納はどちらが有利?

土地をを売却して相続税を支払う場合には、おおよそ20%の譲渡所得税 ( 15% )・住民税 ( 5% ) を支払…

相続・資産税コラム 養子の人数と相続税の関係

産に係る基礎控除額は、5,000万円+1,000万円×法定相続人の数の算式で計算します。つまり法定相続人の数が多…

相続・資産税コラム 遺産分割協議書の作成は必要か?

質問 遺産は現金、銀行預金のみで、不動産がない場合でも、遺産分割協議書は必要でしょうか? 回答 …

さらに記事を表示する

最近のコメント

    PAGE TOP