2012年 10月

相続・資産税コラム 遺産分割がまとまらない場合の相続税申告

遺産分割がまとまらない場合相続財産が未分割の場合は各共同相続人が民法に定める割合に従って分割したものとみなして各…

相続・資産税コラム 相続税申告書の提出先

相続税の申告は、相続の開始があったこと(被相続人が死亡したこと)を知った日の翌日から10ヶ月以内におこないます。 納税も…

相続・資産税コラム 修正申告と異議申し立て

相続税について、税務調査が入り、納める税金が少な過ぎたと判断された場合には、自主的な修正申告を促される事となります。…

相続・資産税コラム 相続時精算課税のメリット・デメリット

相続時精算課税のメリット・デメリット●メリット① 2,500万円までの財産であれば、無税で財産が移転でき…

相続・資産税コラム 相続時精算課税とは

平成15年1月1日以後の贈与から、「相続時精算課税制度」が導入されました。贈与税の税率は、最高50%という高率ですが、こ…

相続・資産税コラム 包括受遺者とは

包括遺贈とは、「遺産の何分の1を甲に与える」 というように、遺産の目的物を特定しないで、何割かを贈与する遺贈のことをいい…

相続・資産税コラム 非上場株式の評価方法

多くの中小企業オーナー様の相続において、相続人の頭を悩ませるのが、中小企業の株の評価です。 これが高くなっても、非上場株…

相続・資産税コラム 非上場株式の評価方法

多くの中小企業オーナー様の相続において、相続人の頭を悩ませるのが、中小企業の株の評価です。 これが高くなっても、非上場株…

相続・資産税コラム 誰が法定相続人になれるか?

よく相続の際に出てくる「法定」相続人の範囲は、以下の通りです。死亡した人の配偶者は常に法定相続人となり、配偶者以…

相続・資産税コラム 相続した海外財産を邦貨に換算する

海外財産は、邦貨に換算して、相続税額を計算します。邦貨への換算は、亡くなった方の取引銀行が公表する、亡くなった日…

相続・資産税コラム 遺言書の法的拘束力

遺言書の法律上の効力が認められる事項は、民法の規定によって決まっています。たくさんあるのですが、一般的な事項は以下の通り…

相続・資産税コラム 相続税を支払わなければならない方は、激増します。

相続したからといって必ず相続税がかかる訳ではありません。相続財産が一定額を超える事によって初めて相続税が発生します。一定…

相続・資産税コラム 相続税の物納はできるか?

相続税を、延納によっても金銭で納付することを困難とする事由がある場合には、納税者の申請により、その納付を困難とする金額を…

相続・資産税コラム 遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書は必ず作成しなければならない書面ではありませんが、後に分割の事実や相続財産の名義変更の際の証明資料となりま…

相続・資産税コラム 養子を持てば相続税は減らせる?

(法定)相続人の数が1人増えれば、1000万円基礎控除が増え、相続税額が減らせます。よって、養子がいれば、その分相続税は…

相続・資産税コラム 相続人の一人が単独で、亡くなった方の預金口座の開示を請求できるのか?

遺産相続、相続人なら単独請求でも預金口座記録開示 読売新聞 平成21年1月22日 遺産相続の争いを巡り、…

相続・資産税コラム 国外財産調書の提出制度が創設されました

国外財産を有する方は、その保有する国外財産について申告をしなければならないという国外財産調書制度が創設されました。…

相続・資産税コラム 相続した土地の売却

相続した土地を売却した場合には、翌年2月15日~3月15日迄に確定申告を行わなければなりません。 この土地を売っ…

相続・資産税コラム 相続税の税務調査

相続税の申告書を提出して一番心配なのが税務調査です。 税務調査が来る確率は、25%位と言われていますが、財産、特…

相続・資産税コラム 役員貸付金を放棄させて相続税を減らす

亡くなった方が、同族会社に貸付金がある場合、当然相続財産に入ってしまいます。それを防ぐために、あらかじめ生前に債権を放棄…

さらに記事を表示する

最近のコメント

    PAGE TOP