2012年 9月

相続・資産税コラム 法定相続分とは

法定相続分は以下の通りです。この民法に定める法定相続分は、相続人の間で遺産分割の合意ができなかったときの遺産の取り分であ…

相続・資産税コラム 国外財産を取得した時の相続税

相続税の納税義務者は住所、国籍などにより①居住無制限納税義務者②非居住無制限納税義務者③制限納税義務者に区分されます。…

相続・資産税コラム 遺留分の侵害

遺留分とは、特定の相続人に対して最低限度に保障されている、遺産の取り分のことをいいます。言い換えれば、 相続人に保障され…

相続・資産税コラム 相続税額から控除される金額

相続税を計算した後、下記の減免(控除)制度があります。①配偶者の税額の軽減 配偶者の税額の軽減とは、亡…

相続・資産税コラム 勤め先から弔慰金を受け取った場合

被相続人の死亡によって受ける弔慰金や花輪代、葬祭料などについては、通常相続税の対象になることはありません。①被相…

相続・資産税コラム 空室を抱えたマンションの宅地の評価

マンションを所有している場合の、そのマンションの敷地の価額は、次の算式により評価します。 貸家建付地の価額 = …

相続・資産税コラム 相続税の連帯納付義務

これは、相続人が複数いる場合、その誰かが相続税を払わずにいると、他の相続人が代わりに相続税を払わなければならないという内…

相続・資産税コラム 相続があった際の納税義務の承継

相続によって事業を承継した場合には、特別な規定がおかれています。 相続により、亡くなった方の事業を引き継いだ相続…

相続・資産税コラム 配偶者控除とは

財産は夫婦二人で築き上げたものですので、法律も配偶者には特別の控除を与えています。この「配偶者控除」を利用すれば、相続税…

相続・資産税コラム 相続についてのおたずね

相続が発生すると、その数ヵ月後に亡くなった方の親族などに「相続についてのお尋ね」と題した書面が届くことがあります。 …

相続・資産税コラム 異議申し立てとは

1. 異議申し立て 税務署に申告した所得や税額が少なかった場合や、相続税の申告義務があるのに、申告しなかったと税…

相続・資産税コラム 広大地評価とは? ③

広大地該当要件のその3です。要件③戸建分譲地として開発するに当たり、開発道路等の公共公益的施設用地の負担を要…

相続・資産税コラム 広大地評価とは? ②

広大地該当要件のその2です。要件②戸建分譲素地が最有効使用であることこれは言い換えれば、物件を仮に売…

相続・資産税コラム 広大地評価とは? ①

相続財産に広大地(1,000㎡以上)があれば、非常に低い額でその土地が評価されるため、相続税を大幅にカットできる可能性が…

相続・資産税コラム 相続後の手続き

葬儀後の手続き葬儀後にすることや手続きはたくさんあります。・遺産分割協議・相続人確定・相続税申告…

相続・資産税コラム 遺産分割がまとまらないとき

遺産分割を行う際は、相続人全員で遺産分割協議を行い相続手続きを進めていきます。しかし、相続人同士の利害が対立することも少…

相続・資産税コラム 生命保険を上手に使いましょう

生命保険金を相続で受け取った場合には、法定相続人1人につき500万円の非課税枠があります。法定相続人が4人の場合…

相続・資産税コラム 青空駐車場にはアスファルトを敷きましょう

青空駐車場は、小規模宅地の特例の適用対象外です。つまり、相続税評価額を半減させる規定が使えません。しかし、いい方…

相続・資産税コラム 税務署からのおたずねがある場合

自宅を買うと、税務署から「お買いになった資産の買い入れ価格などについてのお尋ね」という文書が届くことがあります。これは、…

相続・資産税コラム 相続税は延納できるか

相続税は、金銭で一括納付することが原則です。しかし、相続財産が即時に換金できない財産である場合には、納付したくてもお金が…

さらに記事を表示する

最近のコメント

    PAGE TOP