相続・資産税コラム 相続税の計算が1分でできる無料シミュレーションソフトまとめ

「現預金が500万円で、不動産が300万円。生命保険がいくらで、退職金が・・・」もっと簡単に相続税の計算がしたい! 概算でい…

相続・資産税コラム 仏具は相続税対策にならない!?実は損する注意すべき落とし穴

(1)仏具は相続税がかかるのかまず前提からお話いたします。 結論からいうと原則仏具に相続税は課税されませんが、特例として課税適用…

相続・資産税コラム 相続税申告を税理士に依頼せず、自分で行うことはできるか?

■相続税申告は自力でできるか? 相続税申告を税理士に依頼せず、自力で行うことは不可能なのでしょうか?  所得税をはじめとした各種…

相続・資産税コラム 相続税申告における納付書の書き方・記載例

1.年度こちらは、相続開始年度を記載します。 例えば、平成26年10月が相続開始日なら、“26”と記載します。もともと印字がある…

相続・資産税コラム 相続税申告手続き、どんな税理士に頼めばいい?

■法人税に詳しい税理士が、相続税を知っているとは限らない! 一般的に相続が発生し、相続税申告の必要があると、家業でお付き合いのある税理士…

相続・資産税コラム 遺産分割で揉めた時の調停手続きのまとめ

■相続から“争族”! 遺産分割の話し合いがこじれたら……?前回、相続人が故人の遺産をどう分配するかを話し合うことを遺産分割協議と言い、故…

相続・資産税コラム 相続した不動産の名義変更(相続登記)の費用・方法

■土地や建物、マンションを相続したら?相続とは、故人が持っていた土地や建物などの不動産、および現金や預貯金などの動産を相続人で分配し、故…

相続・資産税コラム お金がもらえるケースも!?相続後すぐにやる死亡手続き

■身近な人が亡くなっても、悲しんでいるヒマはない?相続税が改正され、基礎控除額が減ったということが話題になっています。でも、相続税っ…

相続・資産税コラム 住所から地番を無料で簡単に探しだす方法

対象不動産の登記簿謄本を取得したいという時には、地番情報が必要となります。よって、手続きとしてまずは住居表示から地番を調べる必要がありま…

相続・資産税コラム 相続後の手続き、弁護士・税理士・司法書士・行政書士等、誰に相談すればいい?

士業別の相続手続きの相談先や報酬、全てまとめてみました!相続が起きると、悲しみも束の間、各種手続きが押し寄せてくる。そんな時に、誰か専門…

相続・資産税コラム 「かわいい孫のためにお年玉を100万円」贈与税は大丈夫か?

かわいい孫の帰省を心待ちにする祖父母は多いはずだ。 孫をかわいがり、お正月にはついつい財布の紐も緩みがちだ。そこでAさんは、今年のお…

相続・資産税コラム 相続税増税は、格差社会の加速を止められるか?

大衆化する相続税の背景にあるものアベノミクスによる経済政策に、税金の話は必要不可欠だ。法人税減税、消費税・相続税・所得税増税の政策からも…

相続・資産税コラム 間違いだらけの相続税の税理士選び、内科で外科手術お願いするか?

■税理士は全ての税金のプロフェッショナルではない日常生活を過ごす中で、税理士と接する機会というのはほとんどないだろう。今や毎年の所得税の…

相続・資産税コラム 相続税対策を始める前に必ずやっておきたいこと簡単なこと

■相続税関連のニュースが急増の背景相続税の増税が発表されてから、書店やテレビでも「相続税増税」のニュースをよく目にするようになり、それに…

相続・資産税コラム へそくりは相続税の対象になるか?

相続税申告時に計上する財産で、度々問題となるのが、「へそくり」です。例えば夫が亡くなり、妻の預金口座にへそくりが存在した場合、これは夫の相続…

相続・資産税コラム  相続開始年におしどり贈与が行われた場合の相続税申告

相続税の税率が変わり、平成27年1月1日以後に発生した相続については、基礎控除が減額されることとなりました。これはつまり、課税対象者が大幅に…

相続・資産税コラム 相続時精算課税適用者の債務控除

相続時精算課税制度の適用者は、相続又は遺贈による財産の取得有無に関わらず、相続時精算課税制度を適用して贈与を受けた財産を相続税の課税財産に加…

相続・資産税コラム 相続税の税務調査での調査官の狙い

1.相続税の税務調査相続税の税務調査は相続税申告を行った納税者、申告対象と思われるのに申告を行っていない者に対して、行われます。相続税の…

相続・資産税コラム 企業年金の未支給分は相続税の課税対象資産

年金の名のつくものは様々に種類があります。 たとえば、国民年金、企業年金、年金保険など。 被相続人の死亡によって取得する年金受給権は、そ…

相続・資産税コラム 墓地隣接地の評価

国税局が公開している「タックスアンサー№4617」によれば、 「次のようにその利用価値が付近にある他の宅地の利用状況からみて、著しく…

さらに記事を表示する

最近のコメント

    PAGE TOP